• ホーム
  • 日本における梅毒の症状や治療方法

日本における梅毒の症状や治療方法

現在、日本では梅毒の感染者が増加傾向にあり、特に若い男性や女性の間で感染する人が増えています。日本国内で最も感染者数が多いクラミジアほどではありませんが、感染する人数は着々と増加しているので、性行為を行う人は症状や治療法について理解を深めておくことが大切です。他の性感染症にも言えることですが、カップルの片方が梅毒になるとバートナーも感染している可能性が高いので、パートナーがいる場合はふたりで梅毒に関する知識を身につけなければなりません。

梅毒は古くから存在している性感染症のひとつで、ペニシリン系の治療薬が開発されるまでは不治の病として恐れられていました。高い効果を示すペニシリン系の薬が見つかってからは死に至るケースは少なくなっていますが、症状を放置してしまうと重症化してしまうことは現在でも同じです。感染したときにはどのような状態になってしまうのかを知ることで、一刻も早く感染したときに気づくことができるようにしておきましょう。

梅毒に感染すると男性、女性に関係なく同じような症状があらわれます。感染して約3週間後には感染部位にしこりができるようになり、これは小豆ほどの大きさで軟骨のような硬さのものです。それと同時に痛みのないリンパ節の腫れも起こりますが、これらは放置しておくと数週間で消えます。3か月ほど経過すると手の平や足の裏に発疹、赤茶色の盛り上がりが見られるようになったり、ピンク色の円形のアザが発生したりするでしょう。喉の奥の腫れや脱毛症状、肛門や性器のイボなどが症状としてあらわれますが、これらは3か月から3年続くとそれ以降は自然に消えます。

感染して約3年が経過すると皮下組織に大きめのしこりができ、それも放置しておくと末期症状になります。近頃はきちんと検査を行って早い段階で治療薬を服用する人が多いので末期症状まで至ることは少ないですが、早期治療が実現できなければ治療を進めることが難しくなる場合もあるので注意しておきましょう。もしも感染している恐れがあるのであれば検査を行って治療を行ってください。

梅毒に感染している場合はそれぞれの症状に応じた期間、抗菌薬を服用することになります。主にペニシリン系やアモキシシリンと呼ばれる治療薬が用いられますが、これを数週間から数か月服用するのです。感染時期が不明であったり、感染してから長い期間が経過していたりすると、3か月以上治療薬を服用しなければならないこともあるので、なるべく早く治療が開始できるようにしましょう。検査料金や診察料金、薬代は病院によって異なりますが、発見が遅ければ遅いほど費用が高くなってしまうので、早めに病院を受診することが大切です。梅毒は性行為やディープキスなどによって感染することが多いので、パートナーがいる場合はふたりとも感染しているケースが多く、ふたりで検査などを行うように心がけておくことが重要だと言えます。

関連記事
淋病の症状に男女差はあるのか? 2020年03月23日

多くの人が知っている性感染症のひとつに淋病を挙げることができますが、具体的にどのような特徴があるか知らない人も少なくありません。しかしながら、感染原因や感染期間、男女別の症状内容などを知っておかなければ、予防することができなかったり感染に気づくことができなかったりする可能性があるのです。性行為を行う...

HIV(エイズ)は将来的に完治が可能になる? 2020年02月14日

HIVウイルスに感染したまま治療をしないでおくと、エイズを発症することになります。昔はHIVウイルスに感染すると、ほぼ確実にエイズを発症しており、エイズまで進展してしまうことで様々な病気に感染しやすくなっていました。その結果、死に至っていたので不治の病として恐れられていたのですが、最近では医学の発展...

カンジダが再発しやすい原因を知って予防しよう 2019年12月11日

性感染症のひとつにはカンジダがありますが、これは再発しやすい病気として知られています。何度も症状を繰り返してしまうと痛みやかゆみなどの症状に苦しい思いをしたり、治療費がたくさんかかってしまったりするという問題があるのです。そのため、再発しやすい原因を知ることで予防することが大切だと言えます。特にこの...

ミノマイシンはニキビやマイコプラズマに効く! 2020年01月18日

細菌によって感染する病気に効果的な治療薬として、ミノマイシンを挙げることができます。これはニキビやマイコプラズマのような細菌が原因となって起こる病気に対しての効果がとても高く、病院でニキビやマイコプラズマの治療薬として選択されることも多いです。ミノマイシンはテトラサイクリン系の治療薬であり、テトラサ...

何度も再発するヘルペスにはバルトレックス! 2019年12月30日

再発しやすい感染症のひとつにはヘルペスを挙げることができます。ヘルペスと聞くと口唇にできるものをイメージする人が多いかもしれませんが、これは性器に症状があらわれる性器ヘルペスも含んでおり、性器ヘルペスも再発することが多いので注意しておきましょう。この病気の再発は普段の生活に気をつけることも大切ですが...